toggle
社員研修で人材育成を目指す研修部門を支援 --- Leading Program on Business Communications

研修紹介【4】

リーダー、マネージャーの育成力強化

課題
・教え方を知らない
・我流
・なぜ出来ないかがわからない
・部下に合わせた指導ができず、
ワンパターン
・部下の話を聞かない、一方的

背景・原因
・業務多忙のため、指示命令型の短期
マネジメントを行ってしまい、中長
期的時間がかかる育成が先延ばしに
なってしまう。

期待する姿
・部下の考えを引き出し、相互理解の中で仕事を進められる
・部下それぞれに合わせた育成によって、1人の成果に依存するのではなく、
チーム員全員が活躍する組織を作り、成果を最大化する

解決研修案 解決の方向性(解決プロセス)
①コーチングとティーチング研修 ティーチングとコーチングの違いと使い分けの基準を理解する。特にコーチングにおいて、相手の考えを引き出し、理想像を確認することで、相手の主体性を養う。相手の不足部分に補てんをしていくための導き方を理解する。
②アビリティマネジメント研修 部下の真の価値観、力量を見抜き、価値観に沿った指導、力量の一歩上をいくマネジメントを行い、主体性のある組織を運営するやり方を学ぶ。部下の3大課題「やらされ感」「あきらめ感」「うわの空」への対処法を学ぶ。
③面談力研修 質問力のバリエーションを多く持つことで、相手への関心を体現する。同時に相手の心の深いところにある考えを聞き出し、想いなどを話し合うことで、信頼関係を醸成する。対話通じて相手の活躍をサポートする。
④エンパワーメント研修 部下が自分自身の目標・課題に対して、自ら考え行動を起こすことをサポートする為に、どのような関わりが必要かを、具体化して職場での活用に繋げる。
⑤実践コーチング6ヶ月 コーチングの基礎を学んだ上で6か月間、部下にコーチングを実施する。その期間中、自分が月1回のコーチングを受け、コーチ役とコーチングを受ける役の両方を体験しながら、スキル向上と定着を目指す。